二世帯住宅と断熱

注文住宅は、間取りにも仕様にも自由度が高いことが最大のメリットです。特に、二世帯住宅を考えている場合は、親世帯と子世帯で生活サイクルが異なるため、冷暖房の計画をしっかりとしておく必要があります。冷暖房の計画で重要なことが、断熱です。最近の新築住宅は、以前と比べて断熱性能が格段に上昇しており、冷暖房効率が非常に高くなっています。

それでは、二世帯住宅におすすめの断熱方法はどのようなものか、二世帯住宅の形態ごとに考えてみます。三重 注文住宅まず、玄関から水回り、すべての居室まですべてを分離した完全二世帯住宅です。この場合は、親世帯は定年しているか定年が近い世代だと思われますので、家に居て冷暖房を使う機会が増えます。また、冬場のヒートショックの対策も必要ですので、可能な限り家の中の温度差が少ないことが望ましいです。親世帯を1階、子世帯を2階に作られる場合は、リビングの位置を上下で統一し、1階のリビングでの冷気や熱気を2階まで上げるという工夫もおすすめです。寒冷地であれば、薪ストーブも良いのではないでしょうか。薪ストーブは、親世帯が家にいることが多いのであれば薪の管理に苦労することも少ないですし、何といっても他の暖房と比べて暖かさが違います。これらの冷暖房を最も効果的に利用するためには、家全体を包み込むような断熱性能が必要です。部屋ごとの個別の断熱よりも、親世帯の冷暖房による熱をなるべく有効に家全体に行き渡らせることができます。

玄関のみを共有して、水回りや居室を分離する一部二世帯住宅ではどうでしょうか。基本的には、完全二世帯住宅と同じ考えですが、一部二世帯住宅であれば共有スペースを利用して熱を伝わらせることができますので、共有スペースとなる玄関の断熱性能を上げると効果的です。玄関ドアにも断熱タイプのものがありますので、そういった製品を採用されると良いです。

全てのスペースを共有する完全二世帯では、外断熱ももちろん有効ですが、部屋ごとに断熱性能を高める方法を採用するメリットがあります。完全二世帯では、リビングに家族が集まるケースが多いと考えられるため、リビングを中心として断熱性能を高めると良いです。また、必要以上に吹き抜けなどを作らずに、部屋ごとに仕切ることで各部屋の断熱を効率的に行うことができます。家族が快適に暮らすためには、冷暖房と断熱をしっかりと考えて、暑さにも寒さにも強い快適な家づくりを目指していきましょう。

生命保険の口コミ.COM | 生命保険の選び方 | お家の見直ししま専科 | マッサージのリアル口コミ.com | 住宅リフォーム総合情報 | 英語上達の秘訣 | 内職 アルバイト | 貯蓄 | アフィリエイト相互リンク | JALカード | 女性の人生 | ショッピングカート | 初値予想 | 心の童話 | 童話