平屋住宅と断熱

これから注文住宅としてマイホームを新築しようとする場合には、新築をする地域によってもやや違いはあるものの、断熱性能についてあらかじめ検討しておいたほうがよいといえます。注文住宅のなかでも、最近は移動が容易で室内スペースを広く使えるというメリットがある平屋住宅タイプは人気となっていますが、2階建て住宅とは異なる特性をもっているため、断熱性能についても、やはり2階建て住宅のようなものとは別個に考えたほうがよい部分があります。

平屋住宅の場合、床面積が概して大きくなることから、必然的に屋根や外壁といった、外の空気に触れる部分の面積も大きくなってきます。このことから、2階建て住宅にくらべると、平屋住宅の断熱効率はあまりよいとはいえず、新築の段階で対策を練っておかなければなりません。たとえば、外壁が複雑な形状に入り組んでいる建物の場合、それだけ外壁の面積が大きくなり、断熱効率は低下してしまいますので、直線的でシンプルな間取りを意図的に採り入れることで、外壁のトータルの面積ができるだけ少なくなるようにするというのもひとつの方法であるといえます。

また、平屋住宅では室内から直接、縁側や庭に出られるような大型の窓を多く設置したくなるものですし、デザイン的にはリビングなどの雰囲気を明るくする上で効果的ともいえるものですが、こうした開口部の多さは、同時に断熱性能の低下につながることも考えておかなければなりません。断熱性能を優先するのであれば、できめだけ開口部は少ないほうがよいため、平屋住宅のデザインや機能とのバランスをとりながら、窓の位置や大きさなどの設計の工夫をするのがよいといえます。窓そのものについても、ペアガラスのように室内の暖気を外に逃さないような製品を採用して、断熱性能を高めるということも、選択肢としてはあり得るといえます。
また、断熱材についても、壁の内側や天井、床下などといった部分に、十分な厚みをもって、すき間のないように注意しながら敷き詰めることがたいせつです。配管の多い水回りなどは、断熱材のすき間ができやすいため、特に入念に施工する必要がある部分です。断熱材そのものも、伝統的なグラスウールだけではなく、さまざまな種類の材質からなるものが出回っていますので、適当なものを選択するようにします。

そのほかにも、室内の設備に断熱性能の高いものを採り入れるということも有効です。最近のシステムバスには、熱を逃がさない構造、あるいは材質のものがありますので、このような製品であれば、入浴したのにかえって底冷えしてしまうといった、昔の浴室にありがちだった現象を回避することができます。