住宅ローン減税

最近の日本の金利動向を見ていると非常に大きな変化が訪れてきています。その理由の一つとしてこれまでしっかりと金利上昇していた局面にあったバブルですが、その後、日本の景気は減衰しこれまでゼロ金利政策が適用され始めました。さらに追い打ちをかけるようにリーマンショックが発生し、世界の景気が沈んでいく中で、どんどんと金利が低下していく事態になっています。そうした状況にある中で、住宅市場に関しては金利が低下すると住宅ローンを借りやすくなる点がメリットとして現れさらには、現在の日本の税金の制度は非常に優遇されており、特に住宅ローン減税に関してはとても負担を軽くしてくれるメリットがあります。

現在ではローンを組んでいる金額の1%の所得税が減税されているのですが、そうした減税を実施しているため、より多くのお客様がこうした税金制度を利用することになります。日本の住宅事情においては現在マイナス金利政策が導入されたことから、今後は住宅ローンの金利が非常に低くなっていきます。特に、現在のマイナス金利に関しては長期の金利は非常に低金利になってきており、最近ではマイナス金利になってきており、市場が大きく変わってきており銀行などは利益を上げられない市場になってきました。このため、日本の銀行はどんどんと住宅ローンの優遇措置を実施するようになり、長期の借り入れに対しても金利を下げて提供するようになってきました。

特に資産価値が高い新築の注文住宅に関しては借入を実施するさいには担保を高く設定することができるので、より貸出やすくなっているのが銀行としても安心して借用書を発行することができます。現在ではより多くのお客様がどんどんと新築の注文住宅を建てる動きになってきており、メリットとしては金利が減少してきているため、総支払額が減少するため、負担が減ってきています。少し値段が高くなる注文住宅に関しても金利が減少している分より一層支払いしやすくなっている点があります。きっちりと新築の注文住宅を建てておくことでより自分の理想にあった住宅を建てることが可能になります。より失敗しないためにはきっちりとした自分の希望を建築家に伝えてしっかりと設計してもらうことが大切です。特に設計図を見てわからないところは説明を受けてわかるようになり、イメージすることができれば失敗することが少なくなります。また、より適切な家を購入することが大切です。