一戸建てリフォームと断熱

最近の新築物件では、壁の断熱はもちろんのこと、天井や床の断熱も当たり前になってきましたが、建ててから何十年もたつ一戸建ては、注文住宅でも今ほどの断熱を重視していなかったため、夏暑くて冬寒い場合が多いでしょう。特に冬場のトイレや浴室の寒さは問題で、年配の方には健康面への問題も出てきます。暖かい部屋から急に寒い所へ出たりすると、その気温差で健康被害が出る場合があるのです。リフォームをする際には、まず断熱を重視して行うとよいでしょう。

特に昔の建物は、基礎が布基礎であったりして、床下が直接地面になっていることもあり、風通しが良いのはいいことなのですが、冬は底冷えがします。現在ではべた基礎が主流ですので、家の床下はすべてコンクリートになっており、床下の断熱も十分なので、底冷えするようなことはありません。以前は、古い物件の断熱施工をする際は、いったん壁をはがしたり床をはがしたりして、断熱材を充てんしていきました。そのため、手間と費用がかかり、場合によっては一時別の住居で待機することもありました。最近では、これらの既存の材料をはがしたりすることなく、断熱ボードや断熱パネルを使用し、既存の壁の上から、また床の下から張っていく工法があります。

これだと、一時退去する必要もなく、また手間も費用も大幅に節約できます。もちろん、床の劣化などの問題があれば、床のリフォームと同時に施工するほうが安心で確実です。夏の暑さを軽減するには、天井裏の断熱が不可欠ですが、天井裏のある住宅ならば、断熱材が入っているか、隙間なく入っているかをチェックする必要があるでしょう。施工後はできれば、施主ご自身で確認することをお勧めします。断熱することで、暖房や冷房など空調の効率が上がり、電気代の節約につながります。また、断熱に関しては結露という重要な問題があります。断熱をすると建物の外と中で温度差が出ますので、正しい施工ができていないと断熱部分に結露が発生する場合があるのです。

ここに結露がでるということは、壁の中に結露が発生するということです。見えない場所ですので、気が付かないうちにカビなどが発生したり、またシロアリなどの害虫の温床になってしまいます。多くの施工例を持っているなど、断熱材の特性をよく理解した業者を選ぶことが大切です。工務店とよく打ち合わせをし、その中で結露に関する点も検討しているか確認しておく必要があります。