フラット35

注文住宅を新築で建てる型の多くが住宅ローンを組みます。
住宅ローンには35年金利固定型のフラット35が今とても人気です。
今、日銀のマイナス金利政策の影響で、住宅ローンの金利も非常に低くなっています。

その時の金利によってローンの残額に課される金利が変わってくる変動金利タイプは、金利の低さが魅力でした。
先々金利が変わる心配があっても、変動金利を選ぶ事にメリットがあるくらい、変動金利の方が金利が低く、固定金利はそれに比べると高いのが常でした。
金利が0.1パーセント変わると3000万円借入の時に、総返済額は100万円ほど変わってくるといわれています。
最初の方の元金が多く残っている期間には返済額に占める金利の割合が大きくなるため、0,1パーセントでも低い方を選びたくなる気持ちは分かります
ただ、変動で金利が下がるのであれば大歓迎ですが、上がってしまうと返済計画が変わってしまいます。

そのため、そういった心配をする必要のない、最初にローンを組んだときから返済期間である35年間ずっと金利が変わらないフラット35が人気なのです。
フラット35は変動金利が低い今の状況では人気がないかと思いきや、フラット35の固定金利も変動金利と大差ないほど低くなっているため、多くの人が借り変えたり、新築で注文住宅を建てる新規の人の申し込みも増えています。
日銀の動向によっては下げ止まりかとも言われていますが、急激に金利を上げることは景気に水を差すため、短期間で金利が高く設定されるような変化はないでしょう。

35年間金利が変わらない事の魅力は安心感だけではありません。
月々の返済額や総返済額がきちんと最初で分かっているので、返済計画はぐっと立てやすくなります。
どの時点で繰り上げ返済をするのが効果的か、子供の独立や、家庭の収支の変化など、最初からある程度予想の付く事を計画に入れて返済をしていけばよいので、先々が分からない変動金利よりずっと安心して利用しやすいです。

日本はもう長いこと景気が悪く、少子高齢化など不安要因が多く、先々の見通しが明るいような状況にはありません。
若い人の雇用は非正規雇用が増え、安心してローンを組み、家を建てることが一般市民には手の届かない贅沢になっているような風潮すらあります。
このような状況であるからこそ、堅実に人生計画を立てられるよう、フラット35の利点を最大限に生かした返済計画を立てることがおすすめです。