断熱フイルム

住宅の窓に貼る断熱フイルムには、様々な効果があります。
冬場の窓際は暖房をつけていても寒く、夏場は冷房で部屋を冷やしても、ガラスからの熱で室温が上がってしまいます。
断熱フイルムには、冬場は室内の暖気を逃がさずに室外の冷気を防ぎ、夏場はその逆の働きがあるため、電気代の節約につながります。
また、窓に太陽光が当たっても、室内に伝わる熱になりにくい遮熱効果も期待できるので、断熱と遮熱の両方の効果で室温はさらに安定します。
それから、紫外線カット効果のあるものを使用すると、室内での日焼けを防ぐこともできます。
さらに、ガラス飛散防止の効果もあるため、災害などでガラスが割れてしまった時も安心です。
結露を放っておくと、その周辺にカビが発生してしまい、完全に取り除くのは難しい場合もありますが、断熱フイルムにはその結露を防ぐ効果が期待できます。
また、断熱フイルムの中には模様入りのものもあり、それを窓に貼ると目隠しをすることが可能です。

SNSでもご購読できます。