断熱をしっかりするとこんなに温かい

近年、季節ごとの寒暖の差はかなり激しくなっています。春や秋といった過ごしやすい期間が年々短くなっているようで、体調管理にもかなりの気を使わなければなりません。最も落ち着いて休息できる場所であるはずの家の中、その室温はできるだけ快適な温度に保ちたいものです。そのためには外気の影響を極力受けないようにしなければなりません。家のリフォームを考えるとき、ついつい内装ばかりに気が向いてしまいますが、ぜひ断熱のことも頭に入れておきましょう。室温を快適に保てるということは、冷暖房の使用頻度を下げることができて、電気代の節約にもなります。断熱が施されていない家は、外気の影響によって壁や窓などの劣化も激しくなります。暖房器具による室温の上昇は外気との差を生んで結露を生じさせます。結露はカビの原因になり、カビはハウスダストとなって健康に害を及ぼします。断熱をしっかり行うことにより、できるだけ自然な形で室温を快適に保つことができれば日々の生活の大きなメリットとなるでしょう。

SNSでもご購読できます。