注文住宅と断熱

住まいを選ぶにあたっては、いかに快適に、長く過ごせるかが重要です。
そのためには、生活スタイルにあった間取りや収納があるのか、水回りは綺麗に利用できるか、つまずいてしまうような段差はないかなど、実際に住んでいるところを想像しながら、ひとつひとつ検討していくべきです。それが賃貸よりも融通を利かせることができる注文住宅ならば、なおさらだといえるでしょう。
そして、家の設備の中でも、もっとも重要視しなければならないのが、家の断熱です。たとえば三重県であれば、桑名市などの鈴鹿山麓地域や、上野盆地の中にある伊賀市などでは、たびたび大雪に見舞われます。それだけ気温も低くなりますから、もし家の断熱性が低いと、生命に直結する深刻な事態になりかねません。大雪で交通が麻痺し、何日も家の中にいなければならないときには、なおさらです。
逆に伊勢市などでは、夏場、熱帯夜の日が続きますから、断熱性に乏しい家の中だと、寝苦しい夜を過ごすことになってしまいます。たとえエアコンを動かしていても、冷気が外に出てしまい、なかなか部屋が冷えず、それだけ光熱費もかかってしまいます。
このように、地球温暖化の影響によって、ますます気候が厳しくなっている日本においては、断熱の有無こそが、家の快適さを握る鍵となるのです。
断熱材を設置する工事は、家を建てたあとで行うには、たいへんな苦労を伴います。家の壁や屋根、床板などを取り外さなければならないこともありますので、その間は家を離れなければなりません。その点、注文住宅ならば、建設中に断熱工事を同時進行させることができます。三重県で注文住宅を建てることは、快適な暮らしの下準備を行う、絶好の機会ともなるのです。建築を担当する工務店などの業者に、あらかじめ、しっかりと相談をしておき、隙のない断熱工事を行っていきましょう。光熱費や健康被害を考えれば、コストに見合った工事になることは間違いないのです。

SNSでもご購読できます。