いい家の条件「断熱」

良い家の条件はいくつかありますが、その一つが「断熱」です。断熱とは外気温に左右されずに、屋内の気温を保つ効果です。断熱性が高ければ、寒い時期でも冷気が屋内に入ってこないので暖かく過ごすことができます。
また、暑い時期は暑い外気温をシャットアウトするので部屋の温度が上がりにくくなっています。そして断熱性が高ければ高いほど、光熱費の節約もできます。なぜなら一度屋内の気温を設定してしまえば窓やドアをあまり開けないかぎり、断熱性によって温度を一定に保つことができるからです。そのため夏場の暑い時期はクーラーを使って気温を下げますが、一度温度が下がるとその状態を維持することができるので、クーラーを一定温度に設定しておけば電力消費を抑えつつ部屋を冷やすことができます。
また、同様のことが冬場にも当てはまります。冬は寒いため暖房をつけますが、一度暖まってしまえば窓を開け締めしないかぎり外気温はなかなか入ってきません。そのため暖かい温度を一定に保つことができます。また、暖房器具として最近良くあるのは床暖坊やエアコン、蓄熱式暖房です。新築建売の場合はすでに床暖坊やエアコンは設置済みの可能性があります。
しかし、床暖房には注意が必要です。最近はキッチン周りも冷えないように床暖坊を設置してある場合がありますが、お米など食料を置く場所にまで床暖坊があるとカビが発生する可能性があります。また、床暖坊がない場合はエアコンなどの器具を自分達で取り付けなくてはいけません。そのため建売住宅の場合は断熱性が高くても、その機能を活かした設計になっているとは限りません。場合によっては光熱費の節約にならないこともあります。
それに比べ、三重県、工務店で注文住宅の場合は断熱性を活かした設計をしてもらうことができます。床暖坊の必要な場所・不要な場所を指定できますし、蓄熱式暖房を入れたい場合はその置き場所を必要に応じて加工することができます。
このようにいい家の条件の一つは「断熱」ですが、それを活かしやすいのは注文住宅です。

SNSでもご購読できます。