省エネマイホーム

念願のマイホームを建てるにあたり、一番こだわったことは省エネルギー住宅であるということです。

省エネルギーということは、夏は断熱に優れ、冬は保温に優れている、高気密で高断熱の家ということになります。

ですので気密断熱性に優れた家を得意とする三重県の省エネルギー住宅が得意な工務店に建設をお願いしました。

そのほか太陽光発電システムも屋根全体に搭載し、電気代はすべて太陽光発電でまかなえるようにしました。

今までは一番電気代がかかっていた冬も、高気密な家のためあまり寒くなく、暖房費も激減しました。

光熱費が少なくて済む分、発電による売電収入がはいってきて、とても得した気分になります。

他にも夏はもちろん冷房が必須ですが、28度設定の弱の運転にしても寒いくらいによく効くので冷房代も少なくて済んでいます。

正直、建築費用は格安をうたっているメーカーよりもかなり高くついたのですが、将来のことを考えると奮発して省エネルギー住宅にして良かったと思っています。

SNSでもご購読できます。