新築住宅と外壁リフォームについて

新築住宅においてなかなかわからないのが外壁についてです。施工業者から言われても、将来の事なのでどのようなものがいいのか、メリットやデメリットさえもわかりません。種類もいろいろなものが存在しています。昔からよく使われているのがモルタルです。砂とセメントを水で練り混ぜて塗られる壁素材です。最近では、水の代わりにエポキシ樹脂を混ぜて耐水性にも向上したものが使われ始めています。サイディングはパネルを張り合わせたような外装材を使用して、ハウスメーカーの主流壁在となっています。価格も抑える事ができます。ただし、経年劣化でつなぎ目のコーキングが剥がれたりして防水性が弱まる事があるので気を付けなければいけません。タイルは高級感があり使用されている家も増えてきています。コストは高くなりますが、劣化が少ないので外壁リフォームを考える必要があまりなく長期にわたり美しいです。地盤が弱い地域の家屋は不向きと言われています。このようにいろいろな外壁があります。将来のコストなどもよく考えて、外壁も家を作る際は気を付けて設計しましょう。

SNSでもご購読できます。