北欧住宅の特徴について

北欧住宅とは、フィンランドやスウェーデン等の住宅を示す言葉です。北欧の家や家具は日本で人気があります。北欧と日本は文化や環境が似ています。北欧住宅は木材を使って作られます。木造の民家があったり、森林に囲まれている部分が多かったりするという共通点が、日本での北欧の家具や家の人気の理由の一つだと考えられています。また、北欧は冬になると気温がマイナス30℃程度にまで下がるので、厳しい冬を乗り越えられるように、高断熱・高気密な住宅になっています。ベースは木材ですが、断熱材や断熱ガラスが使われています。北欧住宅の輸入住宅を日本でも購入することができます。高断熱・高機能な住宅になるように、柱の外側と内側に断熱材が張られます。冬場に便利なだけではなく、夏場も室内に熱気が入るのを防ぐことができます。よって屋外の温度による影響が少ないので、夏場も冬場もエアコンが効きやすいです。その結果、省エネや電気代を節約することができます。

SNSでもご購読できます。