断熱の効果と地球温暖化防止との関連について

断熱とは熱を断つという意味ですが、熱が伝わらないようにすることで快適で過ごしやすい住宅を建築することができます。夏に涼しくて冬に温かい住まいを現実化させるために欠かせません。昔の分譲住宅ではあまり断熱がされていなかったので熱が遮断されず、冬は外の寒さで家の中まで寒くなりました。室内が寒いと、部屋では暖房の設定温度を高くして部屋を強く温めるので、とても寒い風呂場へ行くと急激な温度差からヒートショックが起こる場合があります。夏も外の暑さによって室内が暑いと、部屋のクーラーを低温にして強風で室内を冷やす必要があります。断熱することで熱が遮断されるので、冬に外が寒いときでも、室内は暖かくなります。逆に夏に外が暑いときでも、室内は涼しくなります。このことでエアコンの使用量が減るので、節電や省エネなどの地球温暖化対策になります。家庭から排出される二酸化炭素の一番の原因は電気です。家庭で一番電力消費量が多い家電がエアコンです。エアコンの使用が減ることで節電や二酸化炭素の削減に繋がります。

SNSでもご購読できます。