新築住宅家づくりの進め方

三重県で新築住宅を建てるにあたって、どのような家族構成なのか、木造にするのか、鉄骨にするのか、住む場所はどこなのかによって大きく値段が変化します。これが決まらないと何も進まないです。まずは、住宅展示場へ何度も何度も足を運ぶこと。どのような素材なのか、どういう建築物が良いのかしっかり考える事。木造住宅にせよ、鉄筋住宅にせよ、一社で決めないこと。知り合いの工務店に頼む方でも大手の展示場を見ることで理想が近づきます。ネットで調べてもほとんど参考になりません。

自分の目で確かめ、業者の話を聞くこと。そうすることで自分の自宅をどのようにしたいのか見えてきます。各業者に企業の強い部分、弱い部分もしっかりと聞いた方が良いでしょう。家の見取り図は何度も何度も見返すことです。図面では、わかりにくい部分もあるので、しっかりと話を進めて行かないといけません。漠然と収納が多くと訴えるのではなく、どこの部屋に多くするのか。しっかりと理想を伝えましょう。いざ工事が始まってもほったらかしではなく、何度も家づくりの進行具合を見に行きましょう。

SNSでもご購読できます。