新築住宅の建替のメリット

新築で住宅を購入する際に多くの場合は土地を購入しなければいけません。しかし、建替の場合はその土地代が必要ありません。その為、建替の最大のメリットは土地代の浮いたお金をほかで使えることにあります。ですが、デメリットもあります。その一つとして、家がすでに建っている状態で家を建てるということになるので、解体が必要になります。土地代にお金を払わなくていい分、解体の費用がかかってきます。また、その土地が誰の物かによっては手続き上にも問題が生じますので確認しておく必要があります。解体後には地盤調査などもあり新たにお金がかかってきますが、新築住宅を建てるのであれば、必要経費ですので絶対にしておくことをお勧めします。場合によってはしっかり掘ってみないとわからない場合も金額も大きくなりますが、土地代に比べると随分と安くなります。新築で建てる際には元の場所を知っている状態で考えることが出来るので、間取りなどや日当たりなども考慮できるので、メリットは多くなります。

SNSでもご購読できます。