新築住宅における家具の考え方

新築住宅を購入となるとうれしいものです。高価な買い物です。マンションだけでなく一軒家においても最近問題になっていることがあります。それは収納です。室内の密閉度と見せる空間づくりになってきて収納が少ないという話が多く有ります。家具を置こうとすると置き場所がなく、あってもうまく置けないという事もあります。洋服ダンスを入れようとしたら玄関から入らなかったとか、洗濯機が置くべき場所に置けなかった、冷蔵庫が入れられなく壁を切り落としたなど様々です。和室も減り、家具も作り置きがあればいいですが、以前使っていた家具をおいたら部屋の大きさが思っていたよりも狭くなりすぎて家具を捨てなければいけなかった例もあります。引っ越しの時にわかるので特に厄介です。調べて購入したつもりでもそのような事は現実に起こっています。このような失敗をしないためには、慎重なチェックがやっぱり必要です。ウォークインクローゼットも便利なようですが、タンスがおさまりきれない事もありますので、要注意です。新築購入や引っ越しの際は、今住んでいる環境を元に間取りの計画を慎重にして失敗が無いように注意しましょう。

SNSでもご購読できます。