新築の住宅と中古住宅

新築とは築後1年以内かつ未入居である建物のことをさします。また中古住宅とは誰かが使用したことのある建物です。当然ながら中古住宅の方が金額的には購入しやすい価格帯で売り出されることとなります。最近では中古の住宅を購入してリフォームをし誰かに貸したり、売却したりする物件が多くみられます。新品住宅ほどとはいきませんがリフォームの内容によっては新築と間違うほど程度の良い住宅も中には存在し非常に魅力的な物件に生まれ変わります。新築の住宅を購入するほどの経済的な余裕がない方でも中古住宅であれば手に入る価格であるといったことからもとても人気のある商品です。また新築と違った魅力として既に建築されているため、現物を見てから購入することが可能な為、自分の予想していたものと違ったといったミスマッチが発生しにくいといったメリットも中古住宅にはあります。不動産市場では中古物件は大きなマーケットであると考えられています。

SNSでもご購読できます。