マイホームを買うために見直すべきこと

注文住宅でマイホームを建てるために、資金計画をどのように立てるのかが重要です。住宅ローンが無理のないように、場合によっては見直すことも必要です。まずローンと頭金の比率をどのようにするかがポイントになります。頭金を増やせば、毎月の返済額の負担は少なくなります。けれどもまとまった資金を用意できない場合には、ローンの負担を増やすことになります。そこで少しでも返済額を少なくするために、金利が低いローンを借りることを検討するようになるものです。そこで多くの場合、固定金利よりも金利が低い変動金利を利用することになります。もちろん低金利が長く続いていることにより、将来は金利の引き上げが予測されます。その時には固定金利に借り換えるか、あるいは繰り上げ返済によって元金部分を減らすことになります。そのように、景気の動向や金利の変動に応じて、資金計画を見直すことも必要です。上手く計画することで、かなり負担を減らすことにつながります。

SNSでもご購読できます。