火災保険料が安くなる省令準耐火のメリット・デメリット

注文住宅をこれから建てる場合には、金融機関から住宅ローンを借りて、その費用を支払うというのがふつうですが、この場合、ほぼ火災保険に加入することが義務となってきます。住宅ローンで建てた住宅というのは、金融機関にとっては返済が終了するまでのたいせつな担保物件にほかなりませんので、期間の途中で火災があったために返済がとどこおってしまっては大変なことになるためです。この火災保険ですが、建物が木造なのか、鉄筋コンクリート造なのかといった構造の違いや、建物の床面積、家財の充実度などといった、さまざまなポイントによって、その保険料が違ってきてしまいます。そこで、木造住宅であれば、省令準耐火住宅として新築することがすすめられます。省令準耐火住宅としての仕様で新築すれば、一般的な保険料の約半分の負担ですむようになり、たいへんメリットが大きいものです。その反面、自由なデザインにできないなどのデメリットが出ることもあるため、メリットとデメリットを比較しつつ判断するとよいでしょう。

SNSでもご購読できます。