耐震住宅について

新築の注文住宅は、阪神淡路大震災以降大手ハウスメーカーが様々な耐震住宅を開発し、住宅金融支援機構の仕様書や建築基準法などにより耐震基準が強化されています。注文住宅の地震対する構造は、筋交いや補強金具で揺れに対抗する耐震構造の他に、振動エネルギーを吸収する制震装置を壁の中に組み込む制震構造や基礎と建物の間にボールベアリングなどの免震装置を設置する免震構造などがあり、耐震構造に加え制震構造や免震構造を実際に取り入れている注文住宅も増えて来ています。しかし、住宅自体が地震の揺れに対応出来ても、東日本大震災の様に住宅が建っている地盤に液状化現象が発生したり、傾いては折角の注文住宅が台無しになります。その為、注文住宅の建築前に地盤調査を行い、必要に合わせて鋼管杭の回転貫入による杭状補強工法や柱の様に固化材スリラーなどを流し込む柱状補強工法、地盤改良剤による表層地盤改良などによる地盤の補強工事を行う必要があります。

SNSでもご購読できます。