断熱性のいい住宅とは

もしも家を購入するなら、夏は涼しく冬は暖かい、そんな家が理想ではないでしょうか。光熱費を安く抑え、一年を快適に過ごせる家に必要なものは、やはり断熱性といえるでしょう。ではどんな家が断熱性に優れているかというと、構造材でいえば鉄筋コンクリートよりも木造の方が熱を伝えにくいといえます。そして壁などには、グラスウール、ロックウール、セルロースファイバー、ウレタンフォームといった断熱材が用いられています。さらに家の中で最も熱が逃げやすく、入りやすい部分は窓であるため、その点においても二重窓にするなどの工夫が必要です。そしてまた断熱性に優れた家には、熱の出入りを極力少なくする気密性も求められます。しかしそのような断熱性に関する条件は、現在の建築基準法には定められていないため、建売住宅では十分に整備されていると言えないところもあるかもしれません。そのため断熱性を重視するならやはり注文住宅にした方がいいでしょう。注文住宅であれば購入者の希望を直接反映させることができ、建設の様子も購入者がいつでもチェックできるというメリットがあります。

SNSでもご購読できます。