断熱性を高めるリフォームの方法と考慮点

室内の温度を抑えるために行う断熱はいまや一般的で、新築の住宅であればある程度の効果をもたせています。住まいの断熱をする場合に必要なのは、外気に接する壁や屋根、窓といった部分に断熱効果のある部材を使用したり、塗装を利用した方法を行います。これらを外断熱として、室内のみで完結する内断熱も行うことが可能です。例えば室内の壁を取り除き、これまで空洞となっていた部分に、グラスウールといった断熱材を入れるだけでも高い効果を望むことが可能です。しかし、断熱リフォームをしようとしても素人が行えるわけではなく、様々な工具や部材が必要になり、技術的な問題も発生します。例え断熱性のある部材を使用したからといっても、住まい全体の熱の流れが分からないと断熱性の効果が十全に発揮されないこともあります。安易に断熱リフォームを行うと結露を発生させることもあり、却って住宅の劣化を進めてしまうこともあるのでリフォームには十分に注意しなくてはいけません。

SNSでもご購読できます。