断熱塗料について

地球温暖化の影響により、夏になると最高気温が35度を超える猛暑日は珍しくありません。室内にいても熱中症の危険はあり、エアコンで温度を調節することは必要不可欠です。そこで、家そのものに断熱効果を施し、室内温度を下げることができるのが断熱塗料です。屋根や外壁に断熱塗料を塗ることで、最も一般的な木造2階建で体感温度がマイナス2〜3度になるという実証があります。より断熱塗料の効果を上げるには、薄いグレーやベージュなど、色味が薄いものを選ぶことが重要です。黒色は太陽の熱を集めてしまいますが、白色は逆に熱を反射させます。この原理を利用して、薄くて明るい色を塗ることで屋根や外壁の温度を抑えることができます。ただし薄い色は紫外線に弱いという特徴があるため、黒のような濃い色より塗料の効果の寿命が短くなります。さらに汚れが目立つというデメリットもあり、薄い色を選ぶのか濃い色を選ぶのかは業者と相談することが大事です。

SNSでもご購読できます。