未分類

全館空調 メーカー 比較

全館空調はビルや病院、デパートに取り付けられています。どのフロアに移動しても温度が一定に保たれています。場所だけでなく、どの季節でも快適な温度帯です。一括で管理されていて自動運転で天井から床で一定の温度なのが全館空調の特徴です。

全館空調をメーカー 比較してみるとそれぞれ特徴があります。三井ホームの全館空調はスマートブリーズと言って、有害物質を90%カットします。常に、クリーンな状態を維持するので日々の掃除が楽です。

三菱地所ホームからはエアロテックという全館空調が出ています。特長は部屋ごとに温度調整が可能だというところです。故障した際には出費額も高額になります。三菱地所ホームのエアロテックは保証が10年、無償点検が10年と保証期間が長いです。

住友林業からはエアドリームハイブリッドという名前で販売しています。冷房や暖房の通常の機能に外気冷房の機能が追加されています。採用できる環境はツーバイフォー構法です。

全館空調 カビ対策は?

三重県の新築住宅で全館空調の導入を積極的に検討する人もいる一方で、カビの発生を憂慮して導入するかどうか迷っている人もいることでしょう。全館空調を導入する際、効果的なカビ対策を講じておくことにより、体に与える影響などを心配せずに安心して導入することができます。
全館空調の導入に際して講じることのできる一つのカビ対策は、全館空調や換気ダクトを定期的に清掃することです。定期的な清掃と言っても、毎年する必要があるわけではなく、約10年に1度行なえばよいと言われているため、それほど負担にはならないはずです。その際、専門の業者に依頼して清掃とメンテナンスを行なうのがポイントです。
また換気ダクトに加えて、全館空調の本体も定期的なメンテナンスを必要としています。さらに、換気設備の熱交換器本体もきちんとメンテナンスを行なわないと、本体周辺にカビが発生してしまうことがあると言われています。是非とも信頼できる業者を呼んで、清掃とメンテナンスを行なってもらうようにしましょう。

施主支給でお風呂のリフォームの費用は安くなるか

自宅のお風呂をリフォームする場合、施工会社に依頼して、設備や機材、設計・施工・工事などリフォームにかかわることをすべて施工業者に任せるのが一般的です。しかし、他にも方法はあるのです。施主支給という方法があります。施主自ら製品を手配して工事や取り付けのみを工事会社に依頼するのです。施主支給でリフォームした場合、商品を施工会社が用意するものよりも安く調達できた場合は、費用を安く抑えることができます。インターネットサイトで安く住宅設備や建材を販売している業者もありますし、メーカーの在庫品やアウトレットインなどを安く手に入れる方法もあります。他には、オークションサイトを利用するのもいいと思います。施工業者では無料見積もりを行っている会社があるので、施主支給のために用意する商品と施工業者が手配する商品との差額を事前に確認して費用を節約しましょう。また、見積もりは複数の業者に頼んで比較・検討してください。さらに費用を抑えることができるでしょう。

後悔しない新築住宅・注文住宅を建てるには

住宅を新築しようと思ったら、どこに頼めば良いか迷うものです。大手ハウスメーカーもたくさんありますし、地元の工務店もあります。新築住宅には、建売住宅と注文住宅があります。ハウスメーカー・工務店どちらも注文住宅であることを売りにしていますが、少し違います。ハウスメーカーの場合、仕上げ・仕様がほとんど決まっていて、間取りもパターン化されていることが多いので自由度が低いです。それに対して工務店では、仕上げや間取りなどお客様のご要望に合わせてつくってくれますので、三重県で注文住宅で建てることにこだわりを持っておられる方であれば、工務店に依頼する方がメリットがあります。また、全国規模のハウスメーカーに対して、地元の工務店の方が地域に合ったつくり方をしてくれるのもメリットの一つだといえます。一方、デメリットといえば、大手ハウスメーカーはその知名度の高さが安心感につながるのに対して、工務店は不安に思われる方もおられるようです。その辺は、展示場を見たり営業の方にいろいろなことを聞いて確認することが大事です。トータルに考えて、後悔しない住宅を建てて下さい。

いい断熱とは?

外壁と内壁との間の空間に断熱材が施工されていると、室内環境の断熱効果が高くなります。室内環境で気をつけたいのが湿気です。注文住宅で和室を施工するのなら、和室の断熱性能にも注目しましょう。和室の湿気対策で代表的なのが珪藻土を使用した壁です。珪藻土には湿気を吸収したり放出したりできる特性が備わっているからです。除湿剤に頼らずに、室内の湿度調整ができます。注文住宅の和室は、サッシ窓で施工するなど気密性が高いので、珪藻土の内壁だけでは湿気を吸収しきれなくなることもあります。和室のサッシ窓にペアガラスを使用すると、和室の断熱性が高まります。外気温と室温との差が大きいと結露が発生してしまい、湿度も高くなります。断熱効果を高められると、結露が発生しにくくなり、湿度が高くなるのを予防できます。珪藻土と畳の和室は、外気温との差に関係なく、外気を遮断できる環境に整えておくと、湿気調整機能が効果的に働きます。畳の床下に収納スペースを施工したい場合は、断熱効果も利用して湿気対策に役立てると良いでしょう。

外断熱住宅やパッシブソーラー住宅は得意分野

資源を有効に活用するには、モダンなタイプであれば三重の工務店に要望を伝えることが大事です。仕切りをどういったかたちで行われるかを把握しておけば、厳しい条件下でも住宅を守る方針が生まれていきます。また機器を取り込む際は、別途料金がかかっていく様相があるため、室内の状態をじっくり検証する内容が必要です。メリットをしっかり見ておけば、仕組みを最大限に行う方針が見えていくので、工務店特有の内容がはっきりとします。建物のデザインや基本設計がどのように行われているかを分析していけば、熱効率を上昇させる内容や住宅事情を快適にする内容が出ていくので、改善できる点は自然にやさしいパッシブソーラーの技術を用いることが適切です。得意な分野を上手に活用していけば、受け身の態勢がはっきり出ていくので、暖房に伴うシステムをきちんとさせる内容が重要です。ソーラーの技術を前向きに検討していけば、工務店特有の内容がしっかり出ていくので、多方面へのメリットがわかります。

断熱をしっかりするとこんなに温かい

近年、季節ごとの寒暖の差はかなり激しくなっています。春や秋といった過ごしやすい期間が年々短くなっているようで、体調管理にもかなりの気を使わなければなりません。最も落ち着いて休息できる場所であるはずの家の中、その室温はできるだけ快適な温度に保ちたいものです。そのためには外気の影響を極力受けないようにしなければなりません。家のリフォームを考えるとき、ついつい内装ばかりに気が向いてしまいますが、ぜひ断熱のことも頭に入れておきましょう。室温を快適に保てるということは、冷暖房の使用頻度を下げることができて、電気代の節約にもなります。断熱が施されていない家は、外気の影響によって壁や窓などの劣化も激しくなります。暖房器具による室温の上昇は外気との差を生んで結露を生じさせます。結露はカビの原因になり、カビはハウスダストとなって健康に害を及ぼします。断熱をしっかり行うことにより、できるだけ自然な形で室温を快適に保つことができれば日々の生活の大きなメリットとなるでしょう。

断熱フイルム

住宅の窓に貼る断熱フイルムには、様々な効果があります。
冬場の窓際は暖房をつけていても寒く、夏場は冷房で部屋を冷やしても、ガラスからの熱で室温が上がってしまいます。
断熱フイルムには、冬場は室内の暖気を逃がさずに室外の冷気を防ぎ、夏場はその逆の働きがあるため、電気代の節約につながります。
また、窓に太陽光が当たっても、室内に伝わる熱になりにくい遮熱効果も期待できるので、断熱と遮熱の両方の効果で室温はさらに安定します。
それから、紫外線カット効果のあるものを使用すると、室内での日焼けを防ぐこともできます。
さらに、ガラス飛散防止の効果もあるため、災害などでガラスが割れてしまった時も安心です。
結露を放っておくと、その周辺にカビが発生してしまい、完全に取り除くのは難しい場合もありますが、断熱フイルムにはその結露を防ぐ効果が期待できます。
また、断熱フイルムの中には模様入りのものもあり、それを窓に貼ると目隠しをすることが可能です。

断熱塗料について

地球温暖化の影響により、夏になると最高気温が35度を超える猛暑日は珍しくありません。室内にいても熱中症の危険はあり、エアコンで温度を調節することは必要不可欠です。そこで、家そのものに断熱効果を施し、室内温度を下げることができるのが断熱塗料です。屋根や外壁に断熱塗料を塗ることで、最も一般的な木造2階建で体感温度がマイナス2〜3度になるという実証があります。より断熱塗料の効果を上げるには、薄いグレーやベージュなど、色味が薄いものを選ぶことが重要です。黒色は太陽の熱を集めてしまいますが、白色は逆に熱を反射させます。この原理を利用して、薄くて明るい色を塗ることで屋根や外壁の温度を抑えることができます。ただし薄い色は紫外線に弱いという特徴があるため、黒のような濃い色より塗料の効果の寿命が短くなります。さらに汚れが目立つというデメリットもあり、薄い色を選ぶのか濃い色を選ぶのかは業者と相談することが大事です。

断熱性を高めるリフォームの方法と考慮点

室内の温度を抑えるために行う断熱はいまや一般的で、新築の住宅であればある程度の効果をもたせています。住まいの断熱をする場合に必要なのは、外気に接する壁や屋根、窓といった部分に断熱効果のある部材を使用したり、塗装を利用した方法を行います。これらを外断熱として、室内のみで完結する内断熱も行うことが可能です。例えば室内の壁を取り除き、これまで空洞となっていた部分に、グラスウールといった断熱材を入れるだけでも高い効果を望むことが可能です。しかし、断熱リフォームをしようとしても素人が行えるわけではなく、様々な工具や部材が必要になり、技術的な問題も発生します。例え断熱性のある部材を使用したからといっても、住まい全体の熱の流れが分からないと断熱性の効果が十全に発揮されないこともあります。安易に断熱リフォームを行うと結露を発生させることもあり、却って住宅の劣化を進めてしまうこともあるのでリフォームには十分に注意しなくてはいけません。