2016年 10月 の投稿一覧

資金計画はとても大切です

これからマイホームを購入するにあたっては、とても大切なことがいろいろと出てきます。
どのような家を購入するかを決める事はもちろん大切なことではありますが、資金計画についてもかなり慎重に検討して行く必要があります。ここを誤った計画で進めていってしまいますと、後々大変なことになってしまいます。
資金計画とは、どれだけ頭金を使うことができるか、どれくらい住宅ローンで借り入れを行うかです。
さらに住宅ローンの借り入れ先に関しても色々と調べるようにして、三重県で新築の資金相計画、相談できる工務店など比較検討したほうが良いです。こまかな計算をすることによって、結果的に納得のいく家探し、資金計画ができるのです。
相当大きな金額を借りることになるので、特に注意してみていきたいのが金利です。ここの部分はできるだけシビアになって考えていく必要があります。
新築の購入だけではなく、中古の購入であったとしても、このあたりのリサーチはとても重要なのでそれなりに時間をかけます。

新築住宅の建替のメリット

新築で住宅を購入する際に多くの場合は土地を購入しなければいけません。しかし、建替の場合はその土地代が必要ありません。その為、建替の最大のメリットは土地代の浮いたお金をほかで使えることにあります。ですが、デメリットもあります。その一つとして、家がすでに建っている状態で家を建てるということになるので、解体が必要になります。土地代にお金を払わなくていい分、解体の費用がかかってきます。また、その土地が誰の物かによっては手続き上にも問題が生じますので確認しておく必要があります。解体後には地盤調査などもあり新たにお金がかかってきますが、新築住宅を建てるのであれば、必要経費ですので絶対にしておくことをお勧めします。場合によってはしっかり掘ってみないとわからない場合も金額も大きくなりますが、土地代に比べると随分と安くなります。新築で建てる際には元の場所を知っている状態で考えることが出来るので、間取りなどや日当たりなども考慮できるので、メリットは多くなります。

新築住宅家づくりの進め方

三重県で新築住宅を建てるにあたって、どのような家族構成なのか、木造にするのか、鉄骨にするのか、住む場所はどこなのかによって大きく値段が変化します。これが決まらないと何も進まないです。まずは、住宅展示場へ何度も何度も足を運ぶこと。どのような素材なのか、どういう建築物が良いのかしっかり考える事。木造住宅にせよ、鉄筋住宅にせよ、一社で決めないこと。知り合いの工務店に頼む方でも大手の展示場を見ることで理想が近づきます。ネットで調べてもほとんど参考になりません。

自分の目で確かめ、業者の話を聞くこと。そうすることで自分の自宅をどのようにしたいのか見えてきます。各業者に企業の強い部分、弱い部分もしっかりと聞いた方が良いでしょう。家の見取り図は何度も何度も見返すことです。図面では、わかりにくい部分もあるので、しっかりと話を進めて行かないといけません。漠然と収納が多くと訴えるのではなく、どこの部屋に多くするのか。しっかりと理想を伝えましょう。いざ工事が始まってもほったらかしではなく、何度も家づくりの進行具合を見に行きましょう。

新築住宅なら断熱で光熱費が安くなる

新築で住宅を建てるなら、断熱にも力を入れたいです。ここに予算を投じれば、電気代やガス代が大幅に削減できます。今どきは光熱費ゼロの物件もお目見えしていますが、これなどは太陽光発電との組み合わせが一般的です。そうした住まいでは自家発電を利用して、あまった電気で利益を得ることも可能になりました。とはいえ、断熱住宅のよいところは節約になるだけではありません。地球資源を浪費しないので、環境に貢献することにもなります。また、安全であることは何にも増して価値があります。断熱した不動産は暖房をあまり使わないこともあり、結露しにくいのもメリットです。結露をしないということは、部屋がじめじめしない快適さが得られることでもあります。それに壁やカーテンにカビがつきにくくなりますから、家事の手間もより少なくできます。カビは一度ついたら取り除くのが困難なため、予防は欠かせません。断熱住宅にすれば暖房器具の数そのものも最小限にできます。初期投資はかかりますが、結果的には経済的といえるのではないでしょうか。さらには、自然な空気の中で過ごすことで体の温度調節もしやすくなります。

断熱の効果と地球温暖化防止との関連について

断熱とは熱を断つという意味ですが、熱が伝わらないようにすることで快適で過ごしやすい住宅を建築することができます。夏に涼しくて冬に温かい住まいを現実化させるために欠かせません。昔の分譲住宅ではあまり断熱がされていなかったので熱が遮断されず、冬は外の寒さで家の中まで寒くなりました。室内が寒いと、部屋では暖房の設定温度を高くして部屋を強く温めるので、とても寒い風呂場へ行くと急激な温度差からヒートショックが起こる場合があります。夏も外の暑さによって室内が暑いと、部屋のクーラーを低温にして強風で室内を冷やす必要があります。断熱することで熱が遮断されるので、冬に外が寒いときでも、室内は暖かくなります。逆に夏に外が暑いときでも、室内は涼しくなります。このことでエアコンの使用量が減るので、節電や省エネなどの地球温暖化対策になります。家庭から排出される二酸化炭素の一番の原因は電気です。家庭で一番電力消費量が多い家電がエアコンです。エアコンの使用が減ることで節電や二酸化炭素の削減に繋がります。

住宅を新築する場合の断熱工事とは

近年は地球温暖化が叫ばれ、夏場にはヒートアイランド現象が起きたり熱中症で倒れる患者も年間4万人を越すと言われています。又、日本は南は沖縄から北は北海道まで幅広い緯度でもって広がっていて、中には冬場積雪によって雪かきを行わなければならない地域も存在します。
これらの厳しい自然環境の中で生活して行くには住宅工事において、三重県で新築を建てる時の断熱化工事は必須です。しかも窓と外壁の間に隙間ができていると冷気や熱気の通り道となって暖冷房負荷が減らないことになり不経済となります。
そこで最近は気密・断熱化工事は標準仕様にまでなってきています。そしてアルミサッシよりも樹脂サッシが、1重サッシよりも2重サッシや複層ガラスを入れたものが断熱効果を持つとされています。しかも断熱材は防音や遮音効果も持つもので生活環境には欠かせないものとなってきています。これらの充填は場合によって床下、そして外壁回りや天井裏などに行います。
これらの施工によって夏場は涼しく過ごしたり、冬場は暖かく生活ができるようになります。

耐震性に優れた新築住宅を購入する際に気を付けておきたいこと

新築の一軒家、マンション住宅を購入する際に頭に入れておきたいことは、耐震性があるかないかです。今世界でも日本でも、いつ地震が起きるか分かりません。せっかく新築一軒家又はマンションを購入したとしても、地震やその他豪雨など自然被害に遭い住宅が氾濫してしまっては購入した意味がありません。耐震性に優れているか、その近辺に亀裂の入った建物がないか、地盤はきちんとしているか新築住宅を見る際には色々な場所をみて購入しましょう。日本列島は特に地震の多い土地ですので耐震性に優れている土地選び、耐震性優れている建て方であるかは、住宅購入の際に絶対条件で頭にいれておいてください。一生住む家になるのですから住み心地がよいかどうかも購入の決め手になります。災害時にも耐えられる住み心地の良い新築物件をみつけるにあたって、ただ外観が良かったからなどの理由で簡単に決めるのはやめておきましょう。多くの物件をみて周りからのアドバイスも受けて購入していくことが一番良い方法だと言えるでしょう。

インテリアの魅力やその具体例について

住宅においてインテリアは室内の装飾や照明、家具などを指します。カーペットや壁紙やキッチンなどの設備機器もインテリアです。インテリア家電とも呼ばれるように装飾品としての役目が目的で、機能よりもデザインが重視される家電などもたくさんあります。インテリアは、住む人が美しく生活できる場所にすることが目的です。インテリアの例として一つ目は、光を天井や壁に投影し、その反射光を利用する間接照明があります。程よい照明となるので、部屋の明るさのバランスが整えられるだけでなく、部屋全体の雰囲気が良くなることでくつろぐことができます。二つ目に観葉植物を壁や天井に飾る方法があります。観葉植物が室内にあるだけで肉体や精神の疲れを和らげるなどの効果があります。部屋に置く観葉植物の大きさや色や形によって、部屋の印象が大きく異なります。観葉植物を置くスペースがない場合は天井や壁に飾ることで、場所をとらずに自然に存在感を出すことができます。インテリアを工夫することで子供の学習効率を高めるなど様々な利点があるので、色々と調べて工夫してみることが大切です。

北欧住宅の特徴について

北欧住宅とは、フィンランドやスウェーデン等の住宅を示す言葉です。北欧の家や家具は日本で人気があります。北欧と日本は文化や環境が似ています。北欧住宅は木材を使って作られます。木造の民家があったり、森林に囲まれている部分が多かったりするという共通点が、日本での北欧の家具や家の人気の理由の一つだと考えられています。また、北欧は冬になると気温がマイナス30℃程度にまで下がるので、厳しい冬を乗り越えられるように、高断熱・高気密な住宅になっています。ベースは木材ですが、断熱材や断熱ガラスが使われています。北欧住宅の輸入住宅を日本でも購入することができます。高断熱・高機能な住宅になるように、柱の外側と内側に断熱材が張られます。冬場に便利なだけではなく、夏場も室内に熱気が入るのを防ぐことができます。よって屋外の温度による影響が少ないので、夏場も冬場もエアコンが効きやすいです。その結果、省エネや電気代を節約することができます。

平屋住宅はとても魅力的です

三重県のマイホームの購入にあたっては、いろいろなタイプの家がありますが、最近注目を集めているのが平屋住宅です。これは1階部分しかなく、2階は存在しない家です。どのようなメリットがあるのかと言うと、基本的に細々とした部屋を作らなければ、全てを見渡すことができます。また、階段の上り下りがないのがとても大きなポイントです。若いうちは特に何とも感じないかもしれませんが、それなりに歳をとってくると足腰が弱ってきます。足腰が弱ってくるとどうしても階段の上り下りがきつくなってきます。そんな時に階段の上り下りがない生活であれば、安定した生活ができます。これであれば間違いなく快適な暮らしとなります。もちろん、2階建て部分がありませんので家を建てるにしても、時間短縮できますし、さらには資材なども少なく済ませることができます。これならば、必ず良い生活ができて、結果的には暮らしにゆとりがでてきますので、平屋住宅はおすすめです。