2016年 10月 の投稿一覧

二世帯住宅の購入について

新築で住宅を購入する場合、親の世代と子供の世代が一つ屋根の下で生活するとなると、二世帯住宅を購入したほうが良いです。昔は特に区切った生活は少なかったのですが、今の時代であれば、きちんとプライベート空間の保たれた二世帯住宅が理想的な家と言えます。さて、建売の一戸建ての場合には、なかなかこのような家は販売されていませんので、基本的には注文住宅で家を建てるのが理想的です。これならば、納得のいく二世帯住宅を購入することになります。ここの間取りはこうしたらいいという想いをきとんと取り入れることで、きちんとプライバシーの守れる家が完成します。これならば、二世帯での生活に対する不安も軽減されていきます。ただ、この手のタイプの家はかなり費用がかかってきます。ですから、親世代と子世代で資金面などに関してはきちんと決まりごとを作っておいたほうが良いです。いくら血が繋がっていたとしても、ここの部分はしっかり線引きをしておきます。

新築住宅と外壁リフォームについて

新築住宅においてなかなかわからないのが外壁についてです。施工業者から言われても、将来の事なのでどのようなものがいいのか、メリットやデメリットさえもわかりません。種類もいろいろなものが存在しています。昔からよく使われているのがモルタルです。砂とセメントを水で練り混ぜて塗られる壁素材です。最近では、水の代わりにエポキシ樹脂を混ぜて耐水性にも向上したものが使われ始めています。サイディングはパネルを張り合わせたような外装材を使用して、ハウスメーカーの主流壁在となっています。価格も抑える事ができます。ただし、経年劣化でつなぎ目のコーキングが剥がれたりして防水性が弱まる事があるので気を付けなければいけません。タイルは高級感があり使用されている家も増えてきています。コストは高くなりますが、劣化が少ないので外壁リフォームを考える必要があまりなく長期にわたり美しいです。地盤が弱い地域の家屋は不向きと言われています。このようにいろいろな外壁があります。将来のコストなどもよく考えて、外壁も家を作る際は気を付けて設計しましょう。

中古住宅購入後に必要な水廻りリフォーム

家族と暮らす新築住宅を探しても、予算に見合うハウスメーカーに出会えない場合は、中古住宅という選択肢があります。中古住宅は新築を建てるよりもはるかに安くお得ですが、気を付けると良い点があります。それは水回りであり、年数が経過した住宅ほど劣化や腐食が進んでいます。中古物件を見る際、一見劣化していないように見えても配管に錆が出ていることもあります。そうなると水道管の破損を招くため、購入後はすぐにリフォームを行います。水廻りリフォームの対象となるのはキッチンとトイレ、洗面所と浴室です。専門業者に見てもらう事で工事が必要な箇所が明確になるため、入る前に行います。水廻りリフォームを行う事は他にもメリットがあります。それは水廻りは時代とともに変化する場所なので、家電や機器に合わなくなる事があるからです。また前オーナーの生活臭や年数経過の臭いが染み付いているため、全てを一新する事で新築同様の仕上がりになります。

新築とリフォームの選択に関する問題

現代人が住まいに求める要素は非常に多くなっています。特に最近では高度な設備やデザイン性が追求されています。また高度な性能を持った住まいを追求した場合、そこで新築を買うという選択肢があります。一般的に新築は最新の技術を使っていることが多いので、個人的な要望を満たすことができます。しかしその他には住宅をリフォームするという選択肢も残されています。今はリフォームが安くなっているので大人たちがそれを意識しています。実際にリフォームをする人間はコスト削減の情報を得ています。特にインターネットを使えば住宅に関する専門知識を高めることができます。それを利用して最も安いリフォームの手段を探し出すことも可能です。新築には大きなメリットがあるのでそれを選ぶことも現実的です。一方で従来の住まいを改造することもお得です。今は業者が仕事をすることで住宅を現代風にできます。結果的にはプロに仕事を依頼することで、安いコストで理想の住まいを得られるケースもあります。

住宅ローンを組むことについて

三重県でマイホームを購入する場合、いくつかの大切なポイントがあります。その中の一つのポイントが住宅ローンです。どれくらいの金額を借り入れることになるのか、どれくらいの金利のところから借り入れを行うのか、このあたりが重要です。よって、きちんと計画して比較検討したうえで決めていくのが賢明です。今の時代ならば、インターネットを利用することで、どこからの借り入れが優れているのか、これがとても簡単にわかります。また、繰上返済時の手数料に関してもインターネットでとても簡単に調べることができます。また、不動産屋さんは家に関することなら、何でも相談できるような環境がしっかりと整っています。従いまして、きちんと話をしてみると、不動産屋さんからも、住宅ローンに関するさまざまな情報をもらうことができます。常に使い勝手の良いものを利用して、失敗しない住宅ローンを選ぶのです。そのためには、それなりの時間は当然のことですが必要です。

省エネマイホーム

念願のマイホームを建てるにあたり、一番こだわったことは省エネルギー住宅であるということです。

省エネルギーということは、夏は断熱に優れ、冬は保温に優れている、高気密で高断熱の家ということになります。

ですので気密断熱性に優れた家を得意とする三重県の省エネルギー住宅が得意な工務店に建設をお願いしました。

そのほか太陽光発電システムも屋根全体に搭載し、電気代はすべて太陽光発電でまかなえるようにしました。

今までは一番電気代がかかっていた冬も、高気密な家のためあまり寒くなく、暖房費も激減しました。

光熱費が少なくて済む分、発電による売電収入がはいってきて、とても得した気分になります。

他にも夏はもちろん冷房が必須ですが、28度設定の弱の運転にしても寒いくらいによく効くので冷房代も少なくて済んでいます。

正直、建築費用は格安をうたっているメーカーよりもかなり高くついたのですが、将来のことを考えると奮発して省エネルギー住宅にして良かったと思っています。

いい家の条件「気密」

日本の家屋は部屋の中にカビが生えてくるのを防ぐために、通気性をメインにして建てられてきました。部屋の中に湿気がこもらないように絶えず泥壁で湿気を吸い取ったり、床下と屋根裏に大きな通気用の空間を置いて防湿と排湿を考えてきました。障子紙が和紙であるために保温のほかに、湿気の調整に果たした役割は大きいものでした。
三重県で新築の注文住宅を建てるときには、湿気の侵入と排出をよく考えた住宅を建てていかなければなりません。防音、あるいは部屋の温度が逃げないような、高気密の断熱材を使用して注文住宅を新築する人がいますが、あまりに高気密にこだわったために、部屋の中に結露ができてしまい、部屋中がカビに占領されてしまったという人たちも少なくはありません。断熱材をうまく利用したり、組み合わせて使うことで、高気密を実現しながら、結露ができない住宅を新築することが大切になってきます。
水蒸気は大変に小さなもので、空中に存在している物質の中で一番小さいものです。木造の家屋の場合は一番の強敵になっているものが雨と風になりますから、透湿シートを張ることになります。この透湿シートには無数の穴が開いていて酸素も窒素も通過することはできません。その中を通過できるのは水蒸気ばかりです。当然風雨などは通過できませんが、このシートのつなぎ目を接着しない業者がたくさんいます。ですから風雨がこのつなぎ目を通過して、湿気が部屋の中に入り込んでしまいます。部屋の中が暖かい冬ならば、この雨がすぐに結露になってしまいます。そして部屋の中がカビ臭くなってしまうわけです。
新築の注文住宅を検討している人は、施工する業者がこの透湿シートの使い方を熟慮しているか、断熱材の使い方をしっかりとわかっているかをよく確認したうえで、依頼するようにしましょう。高気密の断熱材や、透湿シートなどの材料を使用したとしても、その使い方ひとつで、気密性がない家になってしまいますので注意が必要です。

いい家の条件「断熱」

良い家の条件はいくつかありますが、その一つが「断熱」です。断熱とは外気温に左右されずに、屋内の気温を保つ効果です。断熱性が高ければ、寒い時期でも冷気が屋内に入ってこないので暖かく過ごすことができます。
また、暑い時期は暑い外気温をシャットアウトするので部屋の温度が上がりにくくなっています。そして断熱性が高ければ高いほど、光熱費の節約もできます。なぜなら一度屋内の気温を設定してしまえば窓やドアをあまり開けないかぎり、断熱性によって温度を一定に保つことができるからです。そのため夏場の暑い時期はクーラーを使って気温を下げますが、一度温度が下がるとその状態を維持することができるので、クーラーを一定温度に設定しておけば電力消費を抑えつつ部屋を冷やすことができます。
また、同様のことが冬場にも当てはまります。冬は寒いため暖房をつけますが、一度暖まってしまえば窓を開け締めしないかぎり外気温はなかなか入ってきません。そのため暖かい温度を一定に保つことができます。また、暖房器具として最近良くあるのは床暖坊やエアコン、蓄熱式暖房です。新築建売の場合はすでに床暖坊やエアコンは設置済みの可能性があります。
しかし、床暖房には注意が必要です。最近はキッチン周りも冷えないように床暖坊を設置してある場合がありますが、お米など食料を置く場所にまで床暖坊があるとカビが発生する可能性があります。また、床暖坊がない場合はエアコンなどの器具を自分達で取り付けなくてはいけません。そのため建売住宅の場合は断熱性が高くても、その機能を活かした設計になっているとは限りません。場合によっては光熱費の節約にならないこともあります。
それに比べ、三重県、工務店で注文住宅の場合は断熱性を活かした設計をしてもらうことができます。床暖坊の必要な場所・不要な場所を指定できますし、蓄熱式暖房を入れたい場合はその置き場所を必要に応じて加工することができます。
このようにいい家の条件の一つは「断熱」ですが、それを活かしやすいのは注文住宅です。

いい家の条件「温熱」

注文住宅では温熱環境は重要な着目点の一つです。温熱環境を左右するのは断熱性能です。新築の場合は十分な断熱材の設置が必要ですが、温熱環境のグレードはまちまちで、基本的な知識を知っておくことが重要です。住宅の温熱環境は国が進める省エネ政策とも合致するものです。国は省エネ法によって、建築物の性能を規制していますが、300㎡以上の建物が対象で、一般の注文住宅には規制は及びません。しかし、将来、省エネ方が一般住宅にも適用になることが予定されており、先取りしておくことも大切です。新築の温熱環境を省エネを目標に整えることは、暖冷房の燃料費を節約することにもつながり、特になることです。温熱環境においては、省エネ法が適用になることを前提に、断熱性能と一次エネルギー消費量を抑えることを目標とすべきです。省エネ法の考え方は、すでに注文住宅における住宅性能表示制度でも用いられており、さらに、住宅金融支援機構のフラット35の技術基準にも適用されています。省エネ法では、建築の性能を外皮の断熱性能と、一次エネルギー消費量に分けて規制しています。外皮の断熱性能とは外壁や屋根の断熱性能のことで、サッシなどの開口部も含まれます。一次エネルギー消費量とは、電気、灯油、都市ガスなどの二次エネルギーを、燃料が異なっても比較できる、一次エネルギーに換算したものです。外皮の断熱性能を決めるのは、断熱材とガラスを含めたサッシの性能で、一次エネルギー消費量は主に設備機器の性能によります。いい家の条件は、十分な断熱材の設置が前提となります。断熱材の性能や厚みの他、住宅全宅を包むように断熱材を設置することが重要です。外皮の断熱性能にはサッシの断熱性能が大きく影響します。サッシは断熱サッシを用い、ガラスはLow-Eガラスなどの断熱性能の高いガラスを用いることで、外皮の断熱性能を高めることができます。設備機器は最新の省エネタイプを用いることで、基準値をクリアできます。灯油による暖房や白熱灯による照明は、一次エネルギー消費量を高めるので控える努力が必要です。

注文住宅と断熱

住まいを選ぶにあたっては、いかに快適に、長く過ごせるかが重要です。そのためには、生活スタイルにあった間取りや収納があるのか、水回りは綺麗に利用できるか、つまずいてしまうような段差はないかなど、実際に住んでいるところを想像しながら、ひとつひとつ検討していくべきです。それが賃貸よりも融通を利かせることができる注文住宅ならば、なおさらだといえるでしょう。そして、家の設備の中でも、もっとも重要視しなければならないのが、家の断熱です。たとえば三重県であれば、桑名市などの鈴鹿山麓地域や、上野盆地の中にある伊賀市などでは、たびたび大雪に見舞われます。それだけ気温も低くなりますから、もし家の断熱性が低いと、生命に直結する深刻な事態になりかねません。大雪で交通が麻痺し、何日も家の中にいなければならないときには、なおさらです。逆に伊勢市などでは、夏場、熱帯夜の日が続きますから、断熱性に乏しい家の中だと、寝苦しい夜を過ごすことになってしまいます。たとえエアコンを動かしていても、冷気が外に出てしまい、なかなか部屋が冷えず、それだけ光熱費もかかってしまいます。このように、地球温暖化の影響によって、ますます気候が厳しくなっている日本においては、断熱の有無こそが、家の快適さを握る鍵となるのです。断熱材を設置する工事は、家を建てたあとで行うには、たいへんな苦労を伴います。家の壁や屋根、床板などを取り外さなければならないこともありますので、その間は家を離れなければなりません。その点、注文住宅ならば、建設中に断熱工事を同時進行させることができます。注文住宅を建てることは、快適な暮らしの下準備を行う、絶好の機会ともなるのです。建築を担当する工務店などの業者に、あらかじめ、しっかりと相談をしておき、隙のない断熱工事を行っていきましょう。光熱費や健康被害を考えれば、コストに見合った工事になることは間違いないのです。