外壁と内壁との間の空間に断熱材が施工されていると、室内環境の断熱効果が高くなります。室内環境で気をつけたいのが湿気です。注文住宅で和室を施工するのなら、和室の断熱性能にも注目しましょう。和室の湿気対策で代表的なのが珪藻土を使用した壁です。珪藻土には湿気を吸収したり放出したりできる特性が備わっているからです。除湿剤に頼らずに、室内の湿度調整ができます。注文住宅の和室は、サッシ窓で施工するなど気密性が高いので、珪藻土の内壁だけでは湿気を吸収しきれなくなることもあります。和室のサッシ窓にペアガラスを使用すると、和室の断熱性が高まります。外気温と室温との差が大きいと結露が発生してしまい、湿度も高くなります。断熱効果を高められると、結露が発生しにくくなり、湿度が高くなるのを予防できます。珪藻土と畳の和室は、外気温との差に関係なく、外気を遮断できる環境に整えておくと、湿気調整機能が効果的に働きます。畳の床下に収納スペースを施工したい場合は、断熱効果も利用して湿気対策に役立てると良いでしょう。