住宅を新築しようと思ったら、どこに頼めば良いか迷うものです。大手ハウスメーカーもたくさんありますし、地元の工務店もあります。新築住宅には、建売住宅と注文住宅があります。ハウスメーカー・工務店どちらも注文住宅であることを売りにしていますが、少し違います。ハウスメーカーの場合、仕上げ・仕様がほとんど決まっていて、間取りもパターン化されていることが多いので自由度が低いです。それに対して工務店では、仕上げや間取りなどお客様のご要望に合わせてつくってくれますので、注文住宅で建てることにこだわりを持っておられる方であれば、工務店に依頼する方がメリットがあります。また、全国規模のハウスメーカーに対して、地元の工務店の方が地域に合ったつくり方をしてくれるのもメリットの一つだといえます。一方、デメリットといえば、大手ハウスメーカーはその知名度の高さが安心感につながるのに対して、工務店は不安に思われる方もおられるようです。その辺は、展示場を見たり営業の方にいろいろなことを聞いて確認することが大事です。トータルに考えて、後悔しない住宅を建てて下さい。