自宅のお風呂をリフォームする場合、施工会社に依頼して、設備や機材、設計・施工・工事などリフォームにかかわることをすべて施工業者に任せるのが一般的です。しかし、他にも方法はあるのです。施主支給という方法があります。施主自ら製品を手配して工事や取り付けのみを工事会社に依頼するのです。施主支給でリフォームした場合、商品を施工会社が用意するものよりも安く調達できた場合は、費用を安く抑えることができます。インターネットサイトで安く住宅設備や建材を販売している業者もありますし、メーカーの在庫品やアウトレットインなどを安く手に入れる方法もあります。他には、オークションサイトを利用するのもいいと思います。施工業者では無料見積もりを行っている会社があるので、施主支給のために用意する商品と施工業者が手配する商品との差額を事前に確認して費用を節約しましょう。また、見積もりは複数の業者に頼んで比較・検討してください。さらに費用を抑えることができるでしょう。